プロフィール

<b>no‐scooter</b>

Author:<b>no‐scooter</b>
●愛車はホンダのパシフィックコースト。頻繁にスクーターと間違われます。ですから「ノースクーター」と名乗ることに。オリジナルペイントのヘルメットを集めた、こちらの「展示室」もどうぞ。

カテゴリー

過去ログ

ハーレーの貯金箱



国内および海外の書籍、雑誌、DVD、整備書、雑誌、カタログまで3万点の品揃え。

月の土地を分譲中!オーナーは世界中で約120万人もいるとか。

私もこれを使ってます。独自ドメインもここからリンクのムームってのが楽で安い。

↑↑↑ロリポップ!の運営スタッフにより開発されたレンタルサーバー。

いろいろあるレンタルサーバー。比較!検討!吟味!をするのもいいかも。

サーバー・ホスティング 月額1500円~で借りられる!便利なホスティングコントロールパネルつき。

お小遣いありがとう!ちりも積もればハーレーになるかも。

ここを使えば様々なポイントをEdyやAUポイントに交換できる!これ今の流行りみたい。

買い物しやすいので、気軽に注文できる。

テレビショッピングなんかでおなじみの商品がここで買える。ビリーのキャンプに入隊するにはここからどうぞ。

ネットのCM、面白い。ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

関東に5店舗。バイクを借りて楽しめる。大型バイクが充実しているみたいです。

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

バイクと暮らし
バイクは宝物だけど、いつまでも大切に乗ってらんない。 通勤の足として、定期的にするタチゴケ、パーツが高くて代えられない。 そんな毎日のモーターライフから、気が付いたことを更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影した写真をネットへアップロードするイマドキの風潮。
10年前と今では、写真の価値が激変。

フィルム時代には現像作業があり、いろいろ面倒でした。
いい時代になりました。

そこで
鎮守の森
鎮守の森
月
昼間の月
バラ
玄関のバラ

なんとなく見つけた景色。

「で、なんなの?」
というのが、今の価値感。
(現場写真や証拠写真のほうが高価です)

そこで
撮ったのはいいけど、どうしたらいいかわからない画像をネットに上げてしまう。
この行為、今どきの風潮だと思うんです(たまにやってます)。

考え無しの乱暴な方法かもしれませんが、写真データもお通じとおなじ。
溜め込むいっぽうでは不健康になるはず。

はてなフォトライフ”では、そうやって上げられてくる画像を溜め込み、
新しい価値を見出そうとしている様子。

トップページはスライドショー。これだけでも観てて楽しい。
画像を色でカテゴライズ、
焦点距離や日付で分類するなど
アップされる多数の画像を無料で保管&活用してます。


時間を切り取り、瞬間を残す写真とは何ぞ?
このような膨らむ一方の疑問に優しく軟膏を塗ってくれるようなサイトでもあります。
スポンサーサイト

ホンダのDN-1の試乗。美人過ぎて引く感じだから落書き。
かねてから注目していたクルージングバイク「DN-01」。
試乗してきました。

青梅街道沿いのホンダドリーム西東京店です。
ホンダDN-01 クルージング
バイクを用意してくれたスタッフの方、
「実はニュートラルがあるんですよ」と操作の方法の説明。

スタートスイッチを押すと、ゴロゴロというエンジンの振動。
ギアがNなら「ブルルン!」と空ぶかしができます。

バイクっぽいです。

シールドが小さいため視界が広く、そのうえタンクをニーグリップできます。
ですからスクーターではなく、バイクに乗った感じ。
ホンダDN-01 クルージング
生活の足としての使い方と
ツーリングでワインディングを駆け抜けるシーン、
その両方で満足を提供してくれそうなデザインです。

足りないと思ったのが、書類カバンなどを収められるトランク。
それがバイクと一体化すれば、ビジネスバイクとして使えそうです。
しかしながら今のところ、そんなオプションがありません。

その点、パシフィックコーストのほうが便利。


ホンダ
このバイク、ヘッドライトからタンクへの形状が、とても自然でステキです。
パンフレットではオーガニックフォルムという造語で表現されてます。
ようするに形が魚のよう(流線型です)。

そのデザインがあまりにもカッコよすぎて、メカ好きのバイク乗りとしては一歩引いちゃう感じ。
例えるなら、キレイな女性を目の前したときの気持ち
「俺には関係ない」と思ってしまう、あの他人行儀な感じです。

ですから、ウロコ模様やギョロッとした瞳などを描き込みたくなりました。
ホンダDN-01 クルージング
鯉のぼりをイメージして落書き。
ちょっとしたカスタムで、すこし親しみやすくなりました。

最近のミニクーパーみたいに、見た目のカスタマイズパーツが多様にでてくれば
もう少し買いやすくなるでは。
今のままでは美人過ぎて、自分にフィットさせづらい感じですから、
評判がそこそこなんじゃないかな~と・・・。

まずはトランク、次にグラフィックペイント、その次にロゴの部分を日の丸にして
アメリカやヨーロッパで販売すればいいと思います(なんて偉そうにスイマセン)。


排ガスをリサイクルする「エアインジェクション」や、
あやつる楽しさを提供してくれう「マニュアルモード」、
力の伝達ロスが少ない「シャフトドライブ」など
今の技術のいい所を一台のマシーンに集結させたDN-1ですから、
日本に限らず、世界に誇れるバイクだと思います。

所々、世間のニーズとのズレを感じるのですが、
常に先を目指すホンダスピリットが詰まったバイク。

DN-01のスペックなどはこちら

追伸
今のところ、バイクをレジャーのひとつとして乗る方にオススメのバイクでした。
カスタムバイク界に留まっていて欲しくないディテールをAMDで発見!
こりゃきっとグッドデザイン賞!

2008 European Championship のサイトを見ていたら、
アキラにでてきた金田のバイクを彷彿させる赤色のバイクを発見。

こりゃきっとグッドデザイン賞!

近い未来で市販されてそうな雰囲気が漂うところが、似てると思う。

こりゃきっとグッドデザイン賞!

作った三人組(一番上の写真)。
絵に描いたような三人組。
ファンタジーでしょ、こりゃ。

こりゃきっとグッドデザイン賞!

ちなみにホイールはヤマハ。
ヤマハが本気出せばこんなバイクを市販化るんじゃないかしら。
なんて勝手なことを思ってます。

こんな1200ccなら、気軽に街乗りできそう。

画像はやスペックは、AMDのページ
ヘルメットを被り続けると頭が痒くなるのはなぜ?原因の究明
ヘルメットを被り続けていると頭が痒い。
そんな経験ありませんか?

ゴールデンウィークの2日間、バイクでツーリング。
走っている間は、もちろんヘルメットを被ります。
私の場合は、フルフェイス。

バイクに乗り始めた当初から、頭の痒みはチョットしたコンプレックスです。

「頭皮が不潔だから」
とか
「さっき入った温泉が、いけなかったのかな~」
など、
痒くなるたびに原因をさぐってました。

今回は帰路に痒みはピークの状態。
ですから、パーキングやコンビニにバイクを停めて頭皮をマッサージ。
痒みが和らいだ頃に次のパーキングへと出発。
そんな休憩を繰り返しておりました。

あまりにも理不尽と感じたので、頭皮に集中した走りを結構。
その結果、原因がわかりました。

毛根が受ける振動が原因です。

スピードを出せば、風の音がゴーと鳴りますでしょ。
あの音からわかるよう、ヘルメットは小刻みに振動しています。

その振動が髪の毛を伝い、毛根を刺激。

もともと髪の毛や体毛は、肌に受ける刺激をとらえるセンサーです。
それが絶えまなく刺激され、センサーにエラーが生じた状態が痒いという状況。

走り始めて数時間なら、たいしたことないのですが
長時間にわたり刺激をうけ続けることで、頭皮に存在する無数の毛穴がいっせいに悲鳴をあげていたんです。

わかったからといって、解決策が見つかりません。
対応策、知ってるライダーおりませんか?
玉を求めて糸魚川市のヒスイ海岸で石を拾い
新潟県の翡翠(ヒスイ)の里を目指してツーリング。

●2日目

日本古来より玉として珍重されてきたヒスイ(翡翠)。
古墳から出土する勾玉がこれ。

世界的にみても産出される場所がかぎられていて、
安定した量を産出しているのはミャンマーだけ。

糸魚川市はようするに、世界でも数少ない宝石が眠る町。
踏み入れるだけで宝探し気分になれる場所です。
ちなみに4年に一度ぐらいのペースでいってます。今回で4回目。
糸魚川市 ヒスイの産地
姫川の上流をめざし、細いワインディングをぬけると白い岩肌が見えてきます。
いままでは
「この山が全部ヒスイ!いくらでも採れそうだな~」
と思ってました。
しかし目に見える岩肌のすべてが石灰岩。
今回は、ヒスイショップの方からいろいろと教わりました。
糸魚川市 ヒスイの産地
↑岩山の迫力が伝わりづらいので、写真をクリック。
道路沿いのガードレールが極小サイズにみえますから。
糸魚川市 ヒスイの産地
深い谷をはさんで撮影した写真↑
視野いっぱいに広がる、薄緑の石灰岩壁は迫力満点(コンクリートの名産地です)。

では、お目当ての翡翠はどこにあるのか?
糸魚川市 ヒスイの産地
答えは川底。

雪解け水がゴウゴウとながれる下に、鮮やかな宝石の原石が眠ってます。
聞くところ、巨大な岩に含まれる原石のみが川底にあり
人間が動かせるような石は、川の流れに乗り海へと流されているとか。

「なるほど、海か」
と地図をめくれば“ヒスイ海岸”と呼ばれる場所!

山から海へと駆け下り、
親不知(地名)の海岸線の断崖に造られた国道8号線をぬけてヒスイ海岸に到着。
糸魚川市 ヒスイの産地
おおきな玉砂利が打ち上げられた海岸線。
打ち寄せるごとに、無数の石がザワザワと音を立てます。

専門店の方々が言うには
「丸1日がんばって、1~2個見つけられたらいいほうですね」と。

原石の見分け方まで丁寧に教えてくれましたから、宝探しにチャレンジ!

石灰岩の産地です。
白にヒスイ的な薄緑が入った石が、すぐ見つかります。
5分も立たぬうちに翡翠っぽい石がバケツいっぱい・・・。

私の手には、石・石・石。

池袋の露店で偽者のロレックスを吟味した10代を思い出し、ちょっとブルー入りました。

その中から、
糸魚川市 ヒスイの産地
↑たぶんこれ
素人ながら、形と色と重さで判断。

やっと見つけた宝の石ですが、
これを持ち帰ると偽者に対する“不安”までついてきます。
ですから石は海に返却。

糸魚川駅前や国道8号線沿いには、複数のヒスイ専門店があります。
加工された宝石は、すごくキレイ。
まさしく“玉”の風格です。

国産の商品は少ないく、ミャンマー産が大多数、
しかも高価で、国産物を店の奥にしまっているショップもありましたよ。
旅先の空は雨模様・・・、困ったならばYH(ユースホステル)
新潟県の翡翠(ヒスイ)の里を目指してツーリング。

●1日目

キャンプ道具をバイクに積んで気ままな旅です。
初日は友達と軽井沢の浅間山の麓を歩く予定でしたが、あいにくの雨模様。
ハイキングは中止です。

そんな時には、まず温泉。
浅間山のすその町、小諸市に湧いた御牧乃湯でひと休みしました。

湯上りいにだらだらしていると、どんどん日暮れてくるわけで
キャンプ地を探す気持ちが喪失していきます。

「三十路を過ぎで野宿はないでしょ~」
と私
「雨に震える子犬じゃあるまい」
と友達。

そこでツーリングマップと携帯電話で近くの宿を検索。

「もしもし、今日なんですが、空室ありますか?」

ゴールデンウィークのさなか、安価な部屋に空はなく、あるのは高価な旅館ばかり。

そのとき見つけた「YH」の記号!?
中学生の時に愛用していたユースホステル。
ユース(青年)と言い張るにも無理がある年齢ですが聞いてみました。

「空ありますよ。ツインのお部屋をどうぞ」と。

たてまえユースですから、宿泊費用は5000円以下。

ユースホステルといえば、
2段ベットか雑魚寝、そして布団は湿った毛布一枚だけといった
典型的な安宿のイメージでしたが、
ユースホステル富士屋
違いました。

!かけ流しの温泉は24時間入浴可能。
!広い露天の天然温泉に好きなだけ入浴できます。
!部屋は縁側つきのツインルーム。
!押入れには、フカフカの羽毛布団
!冷蔵庫にビンビール!押入れには浴衣。

雨音をBGMにしつつ、露天風呂とビールを堪能して就寝した1日目でした。

ちなみに朝食はこんなの↓
ユースホステル富士屋のユースの朝食


■富士屋ホテル
長野県小県郡青木村田沢温泉
http://www.fujiya-h.com/
ガソリン価格の高騰↑ツーリングにも影響
2日間のツーリングで使ったガソリンの量は“39リットル”。
容量が小さいバイクですから4回もガソリンスタンドに駆け込みました。

今回のツーリングでかかったガソリン代を時価(リッター約160円)で計算すると
39ℓ×160円=6240円

10年前(1998年)には、リッター辺り“95円”ぐらいと記憶してます。
当時なら
39ℓ×95円=3705円

比較すると、『2500円』の価格差!
ツーリングというレジャーにも、値上げのなみが押し寄せてます。

これが運送業となれば、たまったもんじゃないでしょう。
「道路使うんだから金払え!」といったルールもわかるんですけど、たいへんなんだろうな~。

ちなみに今回の燃費は約20キロ/リッター。
この二日間の走行距離を計算すると
20km×39ℓ=780km。

今回は、旅先のお土産と食事代を、ガソリン代にまわしました。

そうそう糸魚川市のタクシー運転手に道を尋ねたときにも
「ガソリン、上がりましたね~」といいた話題でもりあがりました。
そうです、国民の憤りを無視したあの税・・・。

連休の1日は、パフュームを見ながら益子の陶器市を思い出す。
ゴールデンウィークですけど、あいにくの空模様。
ですからまずはネットのネタ。

●「パフューム」というアイドルグループ(嗅ぐものでなくて見るもの)。
完成度が高いという評判を耳にしたのでユーチューブでチェック。

踊りに型みたいなもの、いえば狂言の型に通じるものがあるなんて思いました。
秋葉原と最近の流行を混ぜて凝縮して作った感じ、なんかすごいです。

そんなエンターテイメントを見つつ、
先日出かけた祭りのことを思い出します。
エンタメといえば、祭りです。

●ゴールデンウィークの期間中(26~5月6日まで)、
益子の町で陶器市が開催されてます。

11日間ものあいだ、約500の露店が街に溢れます。
この祭りの面白いところは、若い作家さんが露店を出しているところ。

益子陶器市 栃木
ぴかぴかの小学生一年生、りんとげんの店。

益子陶器市 栃木
イラストが書き込まれた器
NIKEとプーマがコラボしたよな器に目がとまりました。

益子陶器市 栃木
横溝創さんのお店。
泥臭い田んぼの町に現れるオシャレな露店。

益子陶器市 栃木
栃木ですからイチゴ「とちおとめ」
だれでも甘酸っぱい写真がとれます。

益子陶器市 栃木
たくさん駐車場があります。
“空”の文字に、力が入ってます。
このメンズ達、“そら”のボードを持ってなにやってるの?と思わされました。
5月1日「ガソリンやけに高いんだけど、入れるべき?」と電話がかかってきた
5月1日、旅行に出ていた友達から電話がかかってきた。


今、日光の湯元にいるんだけど
ガソリンがやけに高いんだよ。

こっちも高いよ、暫定税率復活だから

聞いてないんだけど

そりゃ昨日決まったからね


旅行先でガソリン値上げに遭遇したら
この地域だけが高いんだと思いたくなるはず。

そういう私も、エンプティーすれすれまで給油せず、
値上げに対する、ささやかな抵抗を決行中です。
雪山をなめるな!と日光白根山が言う
ワカン(輪かんじき)を履いて、雪の日光白根山(奥白根)へ!
開通したばかりの国道120号の金精峠の菅沼キャンプ場から登山開始です。

奥白根 ワカンの痕
去年、アイゼンやワカンを用意せず歩いた経験上、今回はワカンを用意。
平地では雪に足をとられることがないので、まったくもって疲れません。

奥白根 雪の斜面
斜面となると、さすがに疲れるんですが、天気は行楽日和。
多少の難はなんのその、斜面をズイズイ登ってました。

そこで、ちょっぴりルートをはずし、
足跡がひとつもない斜面を進行!

歩きやすそうに見えたんです。
奥白根 雪崩の痕
この写真、調子よく登っている時に見つけた、雪崩の跡。

「ここで雪崩なんか起きたら、ひとたまりもないな~」
なんて思いつつ登ってますと

足元に巨大な落とし穴!
気がつけば胸まで雪に埋もれてました。

これが原因で雪崩が起きるんじゃないかって、マジでビビりました。

何とか脱出したものの、これ以上の進行は危険。
(どこに穴があるかわからないから)
誰かがラッセルしたルートまで戻ることに。

そんなこんなで時間ばっかり食われてしまい、
そのうえ戦意喪失(ビビッてます)。

ワカンで五色沼の雪原を歩きたかったんですけど、下山することに。

奥白根 針葉樹の木下

雪のおかげで、とにかく平らな森の中。
針葉樹の下には、葉っぱのカスがいっぱいです。

クロスカントリースキーで、スイスイ走ってく人もいました。
雪山の遊びは、楽しさと危険が隣り合わせです。

今回の登山は「山をなめるんじゃない」と白根山から言われたきがしました。
ガクブルル((((;゜Д゜))); ですよ、ほんとに。

ブログ内検索

オリジナルヘルメットなど

ヘルメット オリジナル

カスタムハーレー

登山ブログ

【リンク】

.....................リンクCM

バイク駐車場検索は
BIKE CUBE JAPAN!

.....................リンク分類

・■←【no-scooter関連】

・●←【バイクに纏わる】

・★←【WEB】

・▼←【ショップ】

・◎←【未分類】

.....................リンク分類

にほんブログ村 バイクブログにも登録中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。