プロフィール

<b>no‐scooter</b>

Author:<b>no‐scooter</b>
●愛車はホンダのパシフィックコースト。頻繁にスクーターと間違われます。ですから「ノースクーター」と名乗ることに。オリジナルペイントのヘルメットを集めた、こちらの「展示室」もどうぞ。

カテゴリー

過去ログ

ハーレーの貯金箱



国内および海外の書籍、雑誌、DVD、整備書、雑誌、カタログまで3万点の品揃え。

月の土地を分譲中!オーナーは世界中で約120万人もいるとか。

私もこれを使ってます。独自ドメインもここからリンクのムームってのが楽で安い。

↑↑↑ロリポップ!の運営スタッフにより開発されたレンタルサーバー。

いろいろあるレンタルサーバー。比較!検討!吟味!をするのもいいかも。

サーバー・ホスティング 月額1500円~で借りられる!便利なホスティングコントロールパネルつき。

お小遣いありがとう!ちりも積もればハーレーになるかも。

ここを使えば様々なポイントをEdyやAUポイントに交換できる!これ今の流行りみたい。

買い物しやすいので、気軽に注文できる。

テレビショッピングなんかでおなじみの商品がここで買える。ビリーのキャンプに入隊するにはここからどうぞ。

ネットのCM、面白い。ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

関東に5店舗。バイクを借りて楽しめる。大型バイクが充実しているみたいです。

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

バイクと暮らし
バイクは宝物だけど、いつまでも大切に乗ってらんない。 通勤の足として、定期的にするタチゴケ、パーツが高くて代えられない。 そんな毎日のモーターライフから、気が付いたことを更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニまで徒歩50分のド田舎で、文学作品を選んで読める任天堂DSの1日
お盆休みは田舎にいましたので、1日の予定はだいたい1個。

用事が済んだら、後は待機。

空ではツバメが南方に旅立つ準備をしてます。
夜の窓には、隣町の花火が見られました。

風流な数日。

そんななか、私の手には↓これ。
ニンテンドーDS Lite エナメルネイビーニンテンドーDS Lite エナメルネイビー
(2006/03/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る


1日だけ借りて「日本文学100選」から気になる作品を拾い読み。

なかでもガツンとやられた話は、有島武郎の「生まれ出づる悩み」。
そのほか、宮沢賢治や芥川龍之介、梶井基次郎などを読んでました。

文学作品の内容はさて置き、DSを使った電子ブックに感動。

紙でできた単行本となれば、作家別に販売されてます。
私の場合、一冊の単行本を買っても、読むのは中の2~3編。

昔の文学って、読みづらい上に内容が濃厚。
ですから、ひとりの作家の短編集を全部読むなんてことありません。
DSのような端末に、いろんな作家の名作が100も入ってると、私的には都合がいいんです。


気になる作品のあらすじに目を通して、それから読めますから。

この読み方、最新情報が満載の紙面から、気になる本文を拾い読みす新聞に似てると思うんです。
新聞の場合、見出しが作品のあらすじに該当。本文が、ニュース紙面に置き換えられます。


すでにニンテンドーDSは、ネットからデータをダウンロードする技をもってます。
ということは、新聞を配信することも技術的にOK。
(数年前にも、電子ブックというハードがいくつか発売されてましたけど、面白いソフトが提供されず、しだいに消える運命をたどってました。)

今のところゲームが主体のDSですから、ハードが消えることはないでしょう。
あとは、任天堂DSで新聞が読める時を期待するのみ!!!!


【文学+DS】があたりまえになって、【新聞+DS】の環境が整ったら、
DSに配信されてくるニュースを、スゴ録みたいにブックマーク保存する人(ブログを書く人)がますます増えるんでしょうね。

一度は読んでおきたい日本文学100選一度は読んでおきたい日本文学100選
(2007/07/26)
Nintendo DS

商品詳細を見る


DS文学全集DS文学全集
(2007/10/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る


山から吹き降ろされる涼しい風を浴びながら、
手には膨大なデータをコンパクトに整理した情報端末。

有意義なお盆休みでした。
スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

那岐山(標高1255m)の羽虫を怒らせて登頂に失敗。
標高1255m。
奈義山・那岐山・なぎさん。。
奈義山・那岐山・なぎさん
300名山で紹介されている、どっしりとした大山。
私の本籍地はこの山の麓ですから、里帰りのついでに気軽に登るつもりでした。

奈義山・那岐山・なぎさん
朝9時、登山ルートBCに従いに登山開始。
それから20分足らず、
ヒノキの森に「痛い!」という声が響きました。


▼「痛い!」3分前

むせ返るような暑さの8月の山。
沢沿いに登り始めるルートなので羽虫がウロウロ。

アブが我らを発見し、奥さんの足をタイツ越しに刺します。
毒を注入される前に気がつき、この時は半べそをかいただけで済みました。

これ以上、アブに登山を邪魔されたくなかったので、持参した虫除けスプレーで入念に防備。

そうした予防策のさなか、1匹の蜂がやってきます。

夏山を登っていると、たびたび遭遇する蜂。
森をパトロールするのが彼らの仕事ですから、普段なら好きにさせとくんですけど・・・。

手に虫除けスプレーをもっていた私。

悪ふざけのつもりで、蜂に向けて薬液を噴射。
「蜂を刺激させちゃったよ(笑)、仲間を連れて襲ってくるかな~」
なんて具合に・・・。
奈義山・那岐山・なぎさん


▼「痛い!」その瞬間

気を取り直して登山再開。
まもなく、奥さんが「痛い!」と叫びました。

苦痛にゆがむ奥さんの顔。
その周辺には、10匹ほどの蜂の群。

蜂が絵にかいたように怒ってましたから、登山を終了して下山。


痛い、痛いと泣きそうな奥さん。
痛がっている場所は、先ほどアブに刺された箇所と同じ。
ハチたちは、薬液の匂いが強く発せられるその足を攻撃をしたのでしょう。


▼「痛い!」20分後
里に帰って、病院へ。
奈義山・那岐山・なぎさん
蜂の毒が血管を巡り、周辺の筋肉を硬直させます。
ふくらはぎの弾力がなくなり、コチコチになった足。

アレルギー反応を抑える薬と、抗ヒスタミン軟膏をもらってきました。
幸いにもアレルギー反応が出なかったので、大事には至らず。

奈義山・那岐山・なぎさん
今回、軽率な行動で山のハチを怒らせてしまいました。

小さな虫といえども、野生の生き物をあまく見ちゃいけません。

蜂の画像はこちらからお借りしてます。
http://korokorozaeega.blog54.fc2.com/blog-entry-852.html
駐車場がガラ空きで、バイクの需要が少々伸びる。そこを狙ったスキマ産業がバイク駐車場。
車を手放す人が続出しているであろう昨今、

「10台のうち8台が空室なのよ、困ったわ」
なんて言葉を聞いたりします。

原油の高騰で仕事で車を使う人は、泣くに泣けない状況ですけど、
自家用車持ちで買い替えを考えている人なら
まずはクルマを手放してから新車の購入を検討すると思います。

ガソリンを補充できないクルマのために、月極駐車場代を払うのがもったいないですもの。


そんなご時世、バイクの駐車場を作っていると、いろんな相談を受けます。
ばいくセミナー
頭を悩ますことも多々。
歴史の浅いバイク駐車場事業ですから。

データ的には、大型バイクの売れ行きがズンズン伸びている事実。
そして、ツーリングしているバイクの1/3がハーレーだという主観。

それらをあわせて考察すれば、バイクの駐車場事態に将来性はあります。

なかには、田んぼのど真ん中にバイクガレージを置いてる現場も!
営業的には、はい、そりゃ簡単。
ですが、パイが少ないので、まずは下調べと相談を。
富士山で見るご来光!約27時間の空中散歩は窒息しそうなほどにキレイ。
標高2000mの須走口を出発したのは午前11時。
その後、約27時間、斜面にいました。
富士山
富士山登山。
ひどい斜面です。

18時ごろ、
標高3400mの山小屋「胸突江戸屋」に到着
富士山1
鳥居の向こう、四角い建物が8合目の山小屋です。


下界とは違う空の色。
いつもの街は、雲の下。

しだいに空が暗くなり、美しい夕焼け。
富士山2


夜中に登頂を目指す人のヘッドライトが輝き出します。
下界の町の灯りが見えます。
富士山


山小屋で休憩していた私たちは、深夜1時に起床。
荷仕度を整え、あらためて出発。

満点の星空。
空気が薄いわけですから、ちょっとした運動に心臓が激しく動悸します。

先を急げば、頭痛に襲われ
下を望めば、果てしなく遠い街の灯り。

けっこう過酷です。
精神的に弱い人はNGかも。

そんななか、こんな台詞を耳にしました。

「星も見納めだ」

人並みにまぎれていたので、誰かが言ったのかはわかりません。
「もう二度と満点の星空を見られない」とでもいいたそうな言葉。

そして
富士山
ご来光。

歓声を上げる人。
万歳三唱をしている団体。
泣いている人もいます。

朝が来る喜び、
苦労が報われた喜び。

いろんな思いがあるのだと思います。



山頂から下界を見下ろした写真がこれ。
富士山
フレームに収まっているのは、須走口登山道の全貌。
一枚の写真に納まってますが、約10時間を費やして登った道です。


タバコが燃えないほどに空気が薄い。それを示した写真がこれ。
富士山
バームクーヘンといっしょに持ってきた空気は、包みをパンパンに膨れ上がらせます。
下界の空気は、頂上に比べて濃厚なんです。


魅了された空模様はこれ。
富士山
まぢかに見える雲は速く、ダイナミズムそのもの。
あっと言う間に姿を変えてしまうんですよ。


すこしだけ軽い空気を吸って
いつもとは違う景色の見てると
下りるのが嫌になるほどに、世俗のことを忘れられます。

この時期の富士山登山、オススメですよ。



ブログ内検索

オリジナルヘルメットなど

ヘルメット オリジナル

カスタムハーレー

登山ブログ

【リンク】

.....................リンクCM

バイク駐車場検索は
BIKE CUBE JAPAN!

.....................リンク分類

・■←【no-scooter関連】

・●←【バイクに纏わる】

・★←【WEB】

・▼←【ショップ】

・◎←【未分類】

.....................リンク分類

にほんブログ村 バイクブログにも登録中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。