プロフィール

<b>no‐scooter</b>

Author:<b>no‐scooter</b>
●愛車はホンダのパシフィックコースト。頻繁にスクーターと間違われます。ですから「ノースクーター」と名乗ることに。オリジナルペイントのヘルメットを集めた、こちらの「展示室」もどうぞ。

カテゴリー

過去ログ

ハーレーの貯金箱



国内および海外の書籍、雑誌、DVD、整備書、雑誌、カタログまで3万点の品揃え。

月の土地を分譲中!オーナーは世界中で約120万人もいるとか。

私もこれを使ってます。独自ドメインもここからリンクのムームってのが楽で安い。

↑↑↑ロリポップ!の運営スタッフにより開発されたレンタルサーバー。

いろいろあるレンタルサーバー。比較!検討!吟味!をするのもいいかも。

サーバー・ホスティング 月額1500円~で借りられる!便利なホスティングコントロールパネルつき。

お小遣いありがとう!ちりも積もればハーレーになるかも。

ここを使えば様々なポイントをEdyやAUポイントに交換できる!これ今の流行りみたい。

買い物しやすいので、気軽に注文できる。

テレビショッピングなんかでおなじみの商品がここで買える。ビリーのキャンプに入隊するにはここからどうぞ。

ネットのCM、面白い。ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

関東に5店舗。バイクを借りて楽しめる。大型バイクが充実しているみたいです。

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

バイクと暮らし
バイクは宝物だけど、いつまでも大切に乗ってらんない。 通勤の足として、定期的にするタチゴケ、パーツが高くて代えられない。 そんな毎日のモーターライフから、気が付いたことを更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小金井公園のアーチェリー場で7mの射的
幼いころから遊び場だった小金井公園。
その小金井公園に弓道場があることは知ってましたけど、長年無縁のままでした。
archery-01_20081130192246.jpg
殺傷能力を持つ矢を射るスポーツですから、
ぴりぴりした空気が流れてたりしますけど、
初心者にも門戸が開かれます。

[小金井公園弓(アーチェリー)場]

第3・4・5の土日の偶数日に、ボランティアの指導員さんが矢の射かたを教えてくれます。
道具も貸してくれます。
ですから手ぶらでOK。

まずは7mの近距離でフォームの練習をかねた射的。
矢を射るたびに無心になれます。

上級者になれば90mもの距離を射れるんですけど、
7mでも大きくはずしてしまうので、しばらく特訓が必要そう。
スポンサーサイト

高度2150m氷点下9度の極寒地[本沢温泉]の露天につかってみた。
日本最高所の露天風呂につかってきました。
登山者のみが楽しめる露天風呂です。

八ヶ岳の本沢温泉 2150m
本沢温泉 日本の秘湯
ここは氷点下9度の世界↑(2008年11月20日時点)。

朝7時、「本沢温泉」へとアクセスする登山口に到着(標高約1600m)。
道路にうっすら積ってます↓
本沢温泉 日本の秘湯

北海道出身の相方が「こりゃ初雪だ」と声をあげます。
雪国育ちの人だから、雪と氷点下には敏感。
「まだ0度切ってないよ」と。
確かに、太陽の陽射しを暖かく感じました。

雪質はパウダー。
踏むたびに、足の下から「キュッキュ」という音がします。
本沢温泉 日本の秘湯

4WD車のための駐車場(標高約1800m)ゲートをくぐり、山道をずんずん登ります。
道はなだらか。
足元もよく、登山というより雪上散歩の気分。

目には雪化粧された山肌↓
本沢温泉 日本の秘湯
夏の盛りに繁った森が、真新しい粉雪で隠されていきます。
チョコレートのシフォンケーキに、砂糖パウダーを振ったような景色。
新雪にケモノの足跡が残ってたりして、なんとも幻想的。

「これは天使の仕業だな」などと妄想を楽しみながら高度を上げていくと、
リュックにぶら下げていたスポーツドリンクが
シャーベットに変身!
本沢温泉 日本の秘湯
いよいよ氷点下の世界です。

あったかい温泉に浸かるために、
2時間も極寒の登山道を歩いたわけですから、
寒いぐらいがちょうどいい、と元気をつけて
本沢温泉 日本の秘湯
↑内湯と外湯の案内板。

極寒のなか、
全裸になり、
湯船につかった感想、

「ここが天国か~」

暖かなお湯に包まれて、かじかむ体が解けていきます。

・・・5分後。

舞い上がる粉雪が、風の動線を描きはじめました。

髪の毛が凍り、
顔には刺すような傷み。

そういえば本沢温泉の番頭さんが
「入ってもいいけど、寒くてあがれなくなりますよ」
なんてことを言ってました。
本沢温泉 日本の秘湯
湯上り、まじ、ヤバかった。
なんかの罰ゲームかと思いましたよ。

八ヶ岳、日本最高所野天風呂 雲上の湯
↑本沢温泉の公式サイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

好きだった筑紫哲也さんが亡くなりました。
ジャーナリスト筑紫哲也さんが亡くなりました。
そして今、TBSで追悼番組をやってます。

CMつきのお葬式のようです。

限りある人間の命ですから、亡くなったことに驚きはしません。
人間が誰しも平等であれば、ただそれだけのことです。

しかしながら筑紫さん、
それと違う印象をうけます。

言えば、
テレビ局がひとつなくなったような、
世界的シェアを手に入れた自動車メーカーが倒産したかのような、
そんな感じ。

筑紫さんは死ぬ前に
「フェードアウトしたい」
といってたそうです。

確かに、私の記憶において、
筑紫さんはフェードアウトしていくでしょう。

そんなジャーナリスト筑紫哲也を、
鳥越俊太郎が「この国の座標軸のような人だった」といってました。

基準があると安心するし
基準がないと不安になる。

だから私は、次の座標軸を探したくなってます。



視聴者として勝手なことを言って見ます。

次は誰?

私は、東大の「姜尚中 (カン サンジュン)」先生に一票!

大きな社会問題を静かな口調で問いかける人です。
若い世代に向けらる暖かみのある意見が好きです。

こうしてテレビのなかの人間を、好きだの嫌いだの、勝手なことを思って言って書きました。

そんな私をとがめるよう
「ブログは独白なので賛同できない」と
姜先生が言ってます。

「スイマセン」と思いながらも、
「自由の風潮を消してはならない」という筑紫さんの声を頼りに更新。

独白のブログで、自問自答しててもしょうがないのでこの辺で〆

1/72スケールで出会えた幻の戦闘機「震電(しんでん)」
先日、通販で購入した戦闘機を組み立てました。
1:72のミニチュアサイズです。

手に入れた戦闘機「震電」は、第二次世界戦のさなか、
日本本土に焼夷弾の雨を降らせた爆撃機「B29」に応戦する目的で開発された戦闘機。

1945年の夏に終戦が告げられる数日まえ、8月3日、6日、8日に試作機が空を飛びました。
映像↓


推進力を生み出すプロペラを機体のお尻に持ってくることで軽量化に成功。
時速750キロのスピードで航行できるそうです。
ゼロ戦の最高速度が時速544キロほどなので、当時としては画期的な兵器だったんです。

震電 散香

争うためにつくられた兵器ですから、その使われ方に賛同はできませんけど、
鳥の形を参考にして発想された独特の形状がステキです。

<こちら>のホームページでは、開発者がインタビュー画像が見られます。

ゼロ戦と震電につづいて、複座式戦闘機を組み立てはじめました(画像の下側)。
2人乗りの戦闘機。後部座席のパイロットが、機銃で敵機を狙い打つようです。
こちらも、第二次世界大戦中1942年に作られました。

複座戦闘機と震電
震電と複座戦闘機 どちらも1:72スケールです。

プラモに没頭!手のひらに1/72スケールの零戦
「バイク欲しいけど買えないから、プラモデルで我慢しよっか」
といった具合でプラモデル屋さんを尋ねました。

小平市の小川駅近く。
短い商店街の片隅に、ひっそりと店をかまえる【ホビーショップフジ】

壁一面、天井まで積み上げられた様々なプラモデル。
クルマ・バイク・戦艦・戦車・ガンダム・城・よくわからないアニメキャラ・など、
様々な模型が売られてます。

いろいろ迷いました。

森博嗣さんの「スカイクロラ」の世界に没頭している昨今、
戦うために開発された戦闘機に興味があったんです。
ですからバイクをさて置き「零戦」を購入。

↓これ。
零戦
三菱 零式艦上戦闘機 32型
ハセガワという模型メーカーの1/72スケールモデル。

模型の設計図に、零戦についての説明が書かれてます。

最大速度は544キロ、翼幅は11m、
第二次世界大戦当時、日本海軍とともに戦った空戦性能にとんだ飛行機。
当時、さまざまな改良が加えられたようで、いろいろな種類の零戦があったよう。

「かつていろんな飛行機が空を舞っていたんだな~」と
ますます興味がわいてきました。

はまりそうです。

模型の通信販売Webショップ

早速、スカイクロラで登場する散香(サンカ)とよく似た「震電(シンデン)」という飛行機モデルを注文!

こちらの飛行機は、最大速度750キロ、翼幅11.1m、
終戦直前に試作機が空を飛び、終戦とともに消えた幻の飛行機のよう。
1/72スケールでもいいから、早くお目にかかりたい~。




ブログ内検索

オリジナルヘルメットなど

ヘルメット オリジナル

カスタムハーレー

登山ブログ

【リンク】

.....................リンクCM

バイク駐車場検索は
BIKE CUBE JAPAN!

.....................リンク分類

・■←【no-scooter関連】

・●←【バイクに纏わる】

・★←【WEB】

・▼←【ショップ】

・◎←【未分類】

.....................リンク分類

にほんブログ村 バイクブログにも登録中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。