プロフィール

<b>no‐scooter</b>

Author:<b>no‐scooter</b>
●愛車はホンダのパシフィックコースト。頻繁にスクーターと間違われます。ですから「ノースクーター」と名乗ることに。オリジナルペイントのヘルメットを集めた、こちらの「展示室」もどうぞ。

カテゴリー

過去ログ

ハーレーの貯金箱



国内および海外の書籍、雑誌、DVD、整備書、雑誌、カタログまで3万点の品揃え。

月の土地を分譲中!オーナーは世界中で約120万人もいるとか。

私もこれを使ってます。独自ドメインもここからリンクのムームってのが楽で安い。

↑↑↑ロリポップ!の運営スタッフにより開発されたレンタルサーバー。

いろいろあるレンタルサーバー。比較!検討!吟味!をするのもいいかも。

サーバー・ホスティング 月額1500円~で借りられる!便利なホスティングコントロールパネルつき。

お小遣いありがとう!ちりも積もればハーレーになるかも。

ここを使えば様々なポイントをEdyやAUポイントに交換できる!これ今の流行りみたい。

買い物しやすいので、気軽に注文できる。

テレビショッピングなんかでおなじみの商品がここで買える。ビリーのキャンプに入隊するにはここからどうぞ。

ネットのCM、面白い。ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

関東に5店舗。バイクを借りて楽しめる。大型バイクが充実しているみたいです。

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

バイクと暮らし
バイクは宝物だけど、いつまでも大切に乗ってらんない。 通勤の足として、定期的にするタチゴケ、パーツが高くて代えられない。 そんな毎日のモーターライフから、気が付いたことを更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京モーターショー2007をみて思った。
11月11日まで幕張で開催されている、東京モーターショーをみてきました。

子どもたちが目を輝かせてましたよ。
東京モーターショー2007

他にも輝いていたのはカメラのフラッシュ!
東京モーターショー2007

みてください、みんなで写真を撮ってまして、
上の写真、何を撮っているかというと、
クルマの前の“キャンペーンガール”。

日ごろのストレス解消をするかのごとく、
オヤジ達の目が輝いてました。
※本能がそうさせるんでしょう。
もちろん私も
大手メーカーのキャンギャルチェックを怠りません。
なぜかというと、でかい企業のコンパニオンは、かわいいんです。
これ、間違ってないと思います。

■ホンダ(クルマ)
さておき、
ステキだったのは、
ホンダ(クルマ)のコンセプトカー“プヨ”。
東京モーターショー2007

見た目はゼリーの容器って感じ。
ボディーの表面がジェルのような手触り素材で、
ボディーカラーが自在に変化!
さらにジョイスティックで運転操作するんです。

不思議なクルマです。

ショーのナビゲーターは、ロボットのアシモ【ASIMO】。
その上、キャンギャルが可愛かった~。

トータルして、モーターショーの中でもっともステキ。
近い将来、街中で遭遇したい車です。

■ホンダ(バイク)
東京モーターショー2007

今回チェックしたかったのは、ホンダのバイク“DN-1”。
またがってライディングポジションをチェック。

見た目は、スポーティーですが、
またがった感じ、ものすごくカジュアル。
足つきがいい。
ハンドルポジションが近い。
シートがでかい。
足の置き場所(ステップ)もでかい。
その上、無断変則ギア、要するにスクーター。

これならきっと、気軽に乗れます。
リターンライダーを中心にものすごく売れるんじゃないかな~って思いました。
東京モーターショー2007

ゴールドウィングにも跨がりました。
写真のように、このバイクに群がる60%は、40歳オーバー。
印象的でしたよ。

■ヤマハ(バイク)
今回、ヤマハの展示がステキ。
05年と同様“アート&技術”がテーマでして、前回よりもよかった~。
といいますのも05年は、アートしすぎた感じで、
バイク一台一台が、オブジェだったんです。
東京モーターショー2007

写真は1670ccのVツインエンジン、MT-0S。
耐久レース仕様ですって。
リアタイヤに駆動を伝えるチェーンが極太。
「お前ら、俺を操れんのか~」って具合に
見る人を挑発する一台ですよ、ホントに。

他にも、BW'S(ビーウィーズ)のタフバージョンや、
バイクっぽい運転ができる四輪バイクなど、
ちゃんと走れそうな作品が出展されてました。

■スズキ(バイク)
居心地がよかったのがスズキ。
展示車両に跨った自分の姿をモニターで確認できたり、
面白バイク【パイプレーン】が置いてあるなど、
興味が湧く湧く!展示内容。
ステージでは、男女のモデルさんがキャットウォーク!
子どもたちもバイクに跨り大喜び!

人間とバイクの距離が近い展示でした。
goo 自動車&バイク

バイクって、子どもが憧れ、大人が自慢げに乗るもんだと思うんです。
「大きくなったらバイクの乗るぞ」って、
小さいときは思ってましたもの。
そんなシーンがスズキの展示ブースで見れました。

若いコンパニオンに目をくらませてもいいけど、
子どもから「お父さんカッコイイ~」って言われなきゃ
一人前のバイク乗りじゃないのかも、と思いました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


ブログ内検索

オリジナルヘルメットなど

ヘルメット オリジナル

カスタムハーレー

登山ブログ

【リンク】

.....................リンクCM

バイク駐車場検索は
BIKE CUBE JAPAN!

.....................リンク分類

・■←【no-scooter関連】

・●←【バイクに纏わる】

・★←【WEB】

・▼←【ショップ】

・◎←【未分類】

.....................リンク分類

にほんブログ村 バイクブログにも登録中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。