プロフィール

<b>no‐scooter</b>

Author:<b>no‐scooter</b>
●愛車はホンダのパシフィックコースト。頻繁にスクーターと間違われます。ですから「ノースクーター」と名乗ることに。オリジナルペイントのヘルメットを集めた、こちらの「展示室」もどうぞ。

カテゴリー

過去ログ

ハーレーの貯金箱



国内および海外の書籍、雑誌、DVD、整備書、雑誌、カタログまで3万点の品揃え。

月の土地を分譲中!オーナーは世界中で約120万人もいるとか。

私もこれを使ってます。独自ドメインもここからリンクのムームってのが楽で安い。

↑↑↑ロリポップ!の運営スタッフにより開発されたレンタルサーバー。

いろいろあるレンタルサーバー。比較!検討!吟味!をするのもいいかも。

サーバー・ホスティング 月額1500円~で借りられる!便利なホスティングコントロールパネルつき。

お小遣いありがとう!ちりも積もればハーレーになるかも。

ここを使えば様々なポイントをEdyやAUポイントに交換できる!これ今の流行りみたい。

買い物しやすいので、気軽に注文できる。

テレビショッピングなんかでおなじみの商品がここで買える。ビリーのキャンプに入隊するにはここからどうぞ。

ネットのCM、面白い。ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

関東に5店舗。バイクを借りて楽しめる。大型バイクが充実しているみたいです。

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

バイクと暮らし
バイクは宝物だけど、いつまでも大切に乗ってらんない。 通勤の足として、定期的にするタチゴケ、パーツが高くて代えられない。 そんな毎日のモーターライフから、気が付いたことを更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地の神秘がただよう港、南房総の鯛の浦までツーリング
ゲリラ豪雨のすきをみて、久しぶりのロングツーリング。

まずは、三浦半島の久里浜と、千葉の金谷港を結ぶ「東京湾フェリー」。
鯛の浦
750cc以上のバイクなら、片道1968円(乗船者も含む)。
鯛の浦
電車もバスも船も、パスモがあればOKな時代。
ここは今っぽく、パスモで支払い。



バイクに乗って遠出をすると、
バイクでは走れない場所に興味をそそられることがあります。

「海は、バイクで走れないや」
なんて思ってますから、今まで海の観光地には疎遠でしたけど、今回は思考を変え、
“フェリー”に乗って、“遊覧船”で観光計画です。

目的の場所は、千葉県の南房総、JR外房線の安房小湊駅から歩いてすぐの内浦港。


ここは知る人ぞ知る、奇異仰天なスポット!!

高級魚と親しまれ、釣り人なら一度は釣ってみたい“タイ”が、
漁港から1000mも離れていないスポットで群生しています。


その鯛を、見てきました。

停泊した観光遊覧船から海面を見れば、手の届きそうな場所に鯛・鯛・タイ!
鯛の浦

船のアナウンスによれば、
一般的なタイは深海で暮くらしているけど、ここの港の鯛は水深20mの浅瀬に群生。
古くから村人たちに“殺生禁断の聖地”として保護され、今でもそれが守られているとか。
鯛の浦
確かに、タイのハッピを着た船長の目前には、神棚のような祭壇。
観光遊覧というより、聖地の見回りといったふうです。

船員の一人は魚たちに“なにか”をやってます。
「海に蒔いているのは、イワシを細かく切ったものです」と船長はいい、
毎日、こうして餌をやってることをアピール!?

それにしても、なんで餌付け?と思いました。
その答えは、鯛の浦遊覧船のホームページにありました。
「投げ餌という行事で、数百年間餌を供して守護しつづけている」と説明されてます。

どうりで仰々しい。
観光と言うより、地域のまつりごとにお付き合いさせてもらった感じ。


う~ん、
いいもの見せてもらったけど
なんだかパッとしない・・・。


「都会の人のニーズに答えきれてないよ?」
という友達、
「そうだね、湘南より良さそうな素材があるのに、どうしてパッとしないのだろう?」
と私。

そんな疑問にすこしだけ、鯛の浦遊覧船のホームページが答てくれました。

かい摘んで話すと、
明治から大正時代、一大観光開発の計画がこの港にもあったのですが、この環境を保護すべく、村の人たちが断固拒否。
そのお陰で、神秘的な光景が、本来の風情のまま残されているそうです。



近頃のエンターテイメントに慣れてる私には、パッとしない観光名所ですけど、
わからないことがたくさんあるぶん、
何度でも足を運んでその神秘を確かめたくなるようなスポットでした。

たぶん、噛めば噛むほど美味しくなるスルメのような場所だと思う。


※小湊の鯛の浦は、東京の吉祥寺あたりから、高速道路と船を使って約4時間ほどです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


ブログ内検索

オリジナルヘルメットなど

ヘルメット オリジナル

カスタムハーレー

登山ブログ

【リンク】

.....................リンクCM

バイク駐車場検索は
BIKE CUBE JAPAN!

.....................リンク分類

・■←【no-scooter関連】

・●←【バイクに纏わる】

・★←【WEB】

・▼←【ショップ】

・◎←【未分類】

.....................リンク分類

にほんブログ村 バイクブログにも登録中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。