プロフィール

<b>no‐scooter</b>

Author:<b>no‐scooter</b>
●愛車はホンダのパシフィックコースト。頻繁にスクーターと間違われます。ですから「ノースクーター」と名乗ることに。オリジナルペイントのヘルメットを集めた、こちらの「展示室」もどうぞ。

カテゴリー

過去ログ

ハーレーの貯金箱



国内および海外の書籍、雑誌、DVD、整備書、雑誌、カタログまで3万点の品揃え。

月の土地を分譲中!オーナーは世界中で約120万人もいるとか。

私もこれを使ってます。独自ドメインもここからリンクのムームってのが楽で安い。

↑↑↑ロリポップ!の運営スタッフにより開発されたレンタルサーバー。

いろいろあるレンタルサーバー。比較!検討!吟味!をするのもいいかも。

サーバー・ホスティング 月額1500円~で借りられる!便利なホスティングコントロールパネルつき。

お小遣いありがとう!ちりも積もればハーレーになるかも。

ここを使えば様々なポイントをEdyやAUポイントに交換できる!これ今の流行りみたい。

買い物しやすいので、気軽に注文できる。

テレビショッピングなんかでおなじみの商品がここで買える。ビリーのキャンプに入隊するにはここからどうぞ。

ネットのCM、面白い。ヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン

関東に5店舗。バイクを借りて楽しめる。大型バイクが充実しているみたいです。

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

バイクと暮らし
バイクは宝物だけど、いつまでも大切に乗ってらんない。 通勤の足として、定期的にするタチゴケ、パーツが高くて代えられない。 そんな毎日のモーターライフから、気が付いたことを更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/72スケールで出会えた幻の戦闘機「震電(しんでん)」
先日、通販で購入した戦闘機を組み立てました。
1:72のミニチュアサイズです。

手に入れた戦闘機「震電」は、第二次世界戦のさなか、
日本本土に焼夷弾の雨を降らせた爆撃機「B29」に応戦する目的で開発された戦闘機。

1945年の夏に終戦が告げられる数日まえ、8月3日、6日、8日に試作機が空を飛びました。
映像↓


推進力を生み出すプロペラを機体のお尻に持ってくることで軽量化に成功。
時速750キロのスピードで航行できるそうです。
ゼロ戦の最高速度が時速544キロほどなので、当時としては画期的な兵器だったんです。

震電 散香

争うためにつくられた兵器ですから、その使われ方に賛同はできませんけど、
鳥の形を参考にして発想された独特の形状がステキです。

<こちら>のホームページでは、開発者がインタビュー画像が見られます。

ゼロ戦と震電につづいて、複座式戦闘機を組み立てはじめました(画像の下側)。
2人乗りの戦闘機。後部座席のパイロットが、機銃で敵機を狙い打つようです。
こちらも、第二次世界大戦中1942年に作られました。

複座戦闘機と震電
震電と複座戦闘機 どちらも1:72スケールです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


ブログ内検索

オリジナルヘルメットなど

ヘルメット オリジナル

カスタムハーレー

登山ブログ

【リンク】

.....................リンクCM

バイク駐車場検索は
BIKE CUBE JAPAN!

.....................リンク分類

・■←【no-scooter関連】

・●←【バイクに纏わる】

・★←【WEB】

・▼←【ショップ】

・◎←【未分類】

.....................リンク分類

にほんブログ村 バイクブログにも登録中。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。